読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coj喧伝委員会

もっとcojをやろう

チュートリアル外チュートリアル ②バトルアイコンについて

こんにちは、こんばんは、VOVAです。

さて、チュートリアルチュートリアル第二回はバトルアイコンについて。

 

バトルアイコンってなんぞやと思う人、大丈夫です。

僕もこの記事を書こうとするまでバトルアイコンという名前は知りませんでした。

一応チュートリアルではバトルアイコンっていう言葉出てくるっぽいですけどね、普通会話で「バトルアイコンがさー」「あー、バトルアイコンね」とはならないでしょ。

 

バトルアイコンについて簡単に説明すると、不屈とか貫通とかユニットの名前の上に出てる状態アイコンの事

 

一応公式のホームページで

 

f:id:coj_bs:20161127013651p:plain

というのが配布されてはいるのですが、正直書いてないことが多すぎるので補足していきたいと思います。

また、このバトルアイコンは2.0EX2の最新版なので、cojpで出てこないアイコンが多々あります。

 

 

1、不屈

f:id:coj_bs:20161127013812p:plain

行動権を自分の終了時にも回復
要はアタックしてもブロッカーとして使えるユニットの事。
呪縛(後述)がついている場合は自分のターン開始時には行動権が回復せず、ターン終了時の方では回復します。

 


2、不滅

f:id:coj_bs:20161127013822p:plain

カードプール的に恐らく魔将・信玄だけ。
ダメージを受けない。つまりOOOOダメージというのが効かないのと、相手ユニットと戦闘になった場合、BPが負けていても破壊されません(相手のBPが不滅のユニット分下がるだけ)。ただし、基本BPダウンの効果は受けます。
不滅とそうでないユニットで同じBP同士のユニットで戦闘した場合、不滅のユニットは生き残り、不滅のないユニットは破壊されます。そのため不滅ユニットの勝利扱いになり、レベルが1上がります。
勘違いされがちですが、冥王・ハデスや実習生リーナなどの効果破壊で破壊することが可能です。


3、貫通

f:id:coj_bs:20161127013830p:plain

対戦相手のユニットと戦闘して勝利した時、対戦相手にライフダメージを与える(ただしアタック時のみ)。
要は守っても守らなくても1点与えるよ、ということです。よっぽどBPが越えられない自信があるとき以外は守らない方がいいと思います。
ちなみに、先ほどの書いた不滅でブロックされたとき、BPが越えていても勝利扱いにはならないので、貫通のダメージは入りません

 


4、呪縛(デメリット)

f:id:coj_bs:20161127013854p:plain

ターン開始時に行動権が回復しない
初のデメリットアイコン。
不屈との関係以外特筆するところは無し。

 


5、加護

f:id:coj_bs:20161127013911p:plain

すべての効果によって選ばれない
シャドバでいうところの潜伏、ハースストーンでいうところの隠れ身(攻撃してもなくなることはないけど)。
自分も相手プレイヤーも選んで効果を発動する系の対象に選べなくなります。ただしランダムで対象に取る場合や、フィールド全体に影響する場合は効果を受けます

 


6、次元干渉

f:id:coj_bs:20161127013920p:plain


指定CP以上のユニットにブロックされない。今のところ3しかない
要は1、2コストでしかブロックできない

 


7、王の治癒力

f:id:coj_bs:20161127013929p:plain


coj現行バージョンまで含めてもこの効果持ってるのはアレキサンダーだけ。
自分のBP未満のダメージを受けない
不滅とは違い、BP以上のダメージは受ける(カードプール的にアレキサンダーのBP7000以上のダメージを出せるのって殆どいないけど)。

追記(11/27)

なんと、その唯一王の治癒力を持っていたアレキサンダースタン落ちしてました(現行のバージョンで使えない)

王の治癒力の説明消したらどうですかね運営さん。

もしくは王の治癒力を持つ別のユニット作ってくださいお願いします。 

 


8、無我の境地

f:id:coj_bs:20161127013940p:plain

相手の効果で行動権を消費しない

自分の効果では消費するし、アタックしたら普通に行動権はなくなります。

黄色メタ

 


9、固着

f:id:coj_bs:20161127013949p:plain

相手の効果で手札に戻らない

自分の効果では手札に戻ります。
黄色メタ

 

12/09追記

現在アーケード版にある、『封札の紫呪印(紫封札)』のレベル3時効果『フィールドに出たユニットを対戦相手のデッキに戻す。あなたの紫ゲージを+3する。』という効果のデッキに戻す効果ではデッキに戻るようです。

固着はあくまで、手札に戻らない効果です。

 


10、強制防御(デメリット)

f:id:coj_bs:20161127013957p:plain

強制防御が付けられたユニットは、相手のユニットがアタックしてきたとき、行動権があるなら必ずブロックしなければならない
もし強制防御がついているユニットが2体以上いる場合は、それらのなかのどれかでブロックしないといけません(自分で選んでブロックできる)。

つまりアタックするなどして行動権をなくしてしまえば意味はなくなります。

 

1.1EX2まで(cojpで配信が確定しているバージョン)のバトルアイコンに関しては以上。
PRの追加状況により、追記するかもしれません。

 

もし秩序の盾、沈黙よりも上のアイコンについて知りたい人がいたら、

twitter.com

までどうぞ。

 

次回はTCGでよく使われる単語について説明っぽいものをします。

ではまた。